ふろしき
みっけ★

2012-20XX

現在の風呂敷は、日本の伝統的な文化として、粋な使い方やおしゃれなデザインなどが増えたことによって、
ひそかなブームが起こっています。

しかしその歴史は古く、物を包むための布として用いられた最古のものは、
奈良時代に舞楽の衣装を包むために用いられたのが確認されています。

元々は平安時代には「平包(ひらつつみ)」と呼ばれ、物を包んで持ち運ぶという
使い方ではありませんでした。

入浴に関わる道具として用いられたのですが、その時代の入浴はとても神聖なもので、
入浴時には白衣に着替えて入るのが作法でした。

そして入浴前後の着替えは広げた布の上で行い、この着替えを行うときに広げる布が
「風呂敷」の起源とする説があります。

江戸時代にはお湯をはった銭湯が誕生し、入浴の道具や衣類を四角い布に包んで
持ち運んでいました。

この布が風呂敷と広く呼ばれるようになり、現在の『ものを包んで持ち運ぶ』という
機能として用いられるようになりました。


 

歴史  名前  作り方  子供用  旅行    バッグ  老舗  祝儀袋  マナー