ふろしき
みっけ★

2012-20XX

ちょっとしたお届け物やプレゼントなどを包み、持ち運ぶための風呂敷は、
昔から利用され続けている日本の伝統的なアイテムです。

しかし時代の流れとともに風呂敷にも本来の物を包むという役割だけではなく、
さまざまな使い道が模索されるようになってきました。

工夫次第

そういった使い道の一つにバッグとして利用するというものがあります。

これは風呂敷の結び目を持ち手にしたりすることで、布バッグとして活用するという方法です。
その大きな特徴としては、生地のデザインも豊富でおしゃれですし、
何よりもかさばらないというメリットがあります。

色々選べる

たとえば鞄の中に風呂敷一枚入れておけば、荷物が多かったときにはサブバッグとして
利用できて大変便利です。

またどんな形状の物でも包むことが出来るというメリットもあります。
そのために巾着包みやボストン包み、リーフ包みやクレープ包みなどといった
さまざまな形状があり、他にもリュックにもなりますし、丸いものを包める
スイカ包みや瓶ものも包める瓶包みなどといった方法もあります。


 

歴史  名前  作り方  子供用  旅行    バッグ  老舗  祝儀袋  マナー