ふろしき
みっけ★

2012-20XX

風呂敷の使い方にもマナーがあります。
正式な場面では、絹の素材を使用します。

特にあらたまった場では、家紋の入った無地のものを使用しましょう。
無地で紫色のものは、お祝いでもご供養の場面でも使うことが出来るので、
1枚持っていると便利です。

また、気軽に使える素材では、重い荷物を包むのに向いている綿やレーヨン、シワになり難い
ポリエステル製のものがあります。

上司の方や目上の方へは使えませんが、友人への贈り物を包むには良いでしょう。
風呂敷の柄や色にも、季節や目的に合わせたマナーがあります。

春は明るい色のもので、桜や若葉などを選びます。
若葉色でもうぐいす色や常盤色など渋めの色であればお祝い事と
悲しい場面でも使うことができます。

夏は寒色系の涼感のあるものを、秋は茶系のススキや紅葉の柄、冬は黒地やエンジ・紫などに
椿や松竹梅などがあるとおめでたい季節感が感じられます。

風呂敷のおめでたい柄は、貝あわせや宝尽くし、荒磯・御所解・亀・吹き寄せなどがあります。


 

歴史  名前  作り方  子供用  旅行    バッグ  老舗  祝儀袋  マナー