ふろしき
みっけ★

2012-20XX

一番簡単でかわいい使い方は、ふろしきバック。
端っこを結んで作るだけのシンプルな方法から、輪っかや持ち手を使って、本格的なバックに変身するものまで。
布からこんなに??と驚くアレンジの数々です。

もともとは一枚の布だから、気分に合わせて自由自在。
大きさも荷物に合わせてふろしきの大きさを変えれば、小さなバックから、たっぷり荷物の入るトートバックにまで。

用途や荷物に合わせて変化させることができます。
それに使わないときには、小さくたたんでしまえるのもふろしきのいいところ。
皮や布のバックなら、使わない時もクローゼットで場所をとるんですよね・・・。

バックは特に形や大きさが様々だから
きれいに整理しにくいのが悩みでした。
それが風呂敷ならハンカチぐらいに折りたためて全然場所もとらない!
引き出しの隅っこにチョコンと片付けることができるんです。

集める

それに畳まれたいくつものふろしきが引出に並んでいるのを見るだけでも「コレクションが増えたな〜」と楽しかったりして。
ついつい余談でしたね・・・。
風呂敷はそんなコレクションの楽しさもはまる原因です。
ですがここでは本題に戻って
使い方のご紹介。

シンプルな使い方

そうそう、風呂敷バックの一番いい出番があります。
旅行の時なんかもいいですね。
その旅行先の気分に合わせて柄を選ぶのも楽しいかもしれません。
海に行くなら鮮やかで元気になりそうな柄。
温泉に行くのであれば少し和風のシックな柄。 それだけで旅行の準備の気分もあがるものです。

 

歴史  名前  作り方  子供用  旅行    バッグ  老舗  祝儀袋  マナー